ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

山海の幸、食べ比べ N―1フェス 趣向凝らした鍋10種

(3/20)

地元グルメのはっとなど10種類の鍋料理が提供されたN-1フェスティバル

 街なか食の祭典・N-1フェスティバル(水沢クロス開発主催)は19日、奥州市水沢区横町のメイプルで開かれた。市内外から10種類の鍋調理が提供され、多くの市民らが足を運んでご当地グルメ「奥州はっと」などに舌鼓を打った。

 同フェスは、2015年度中心市街地活性化事業の「街なかイベント」の一環として16年2月に初開催され、来場者から好評をだったことから第2弾として企画された。

 地元のはっと料理をはじめエゾシカ肉を使ったジビエ鍋、三陸の幸が豊富なカキ鍋、雑煮風の汁餅のほか、金ケ崎町と西和賀町の出品など全10店舗が軒を連ねた。

 同日は開店前から市民らが足を運んだほか、イベントを主管する奥州エフエム放送で生中継が行われたため、聞き付けた家族連れらでにぎわった。来場者は1杯200~300円で提供される鍋料理の食べ比べを楽しんだ。

 このうち水沢一高クッキング部の生徒11人は「前沢牛入りみずいちはっと」と、岩手ぅんめぇ~もんグランプリ2016で優秀賞に選ばれた「雑穀スティック」の販売も行い、同部の活動をアピール。

 みずいちはっとは地元ブランド牛肉と同区産小麦粉、野菜などを使った料理で、同部の菊池広一君(調理科2年)は「地産地消にこだわった料理なので多くの人に味わってもらえた」と話した。