ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

心の古里 ありがとう 奥州市 小山中で閉校式

(3/21)

全校生徒による別れの言葉と合唱の発表で、70年の歴史に幕を下ろした小山中閉校式

 奥州市胆沢区の3中学校統合により、2016年度末で閉校する小山中(関向正俊校長、生徒212人)の閉校式が20日、同区小山の同校体育館で行われた。全校生徒や来賓、地域住民らが出席。フロンティア精神を胸に、地域と共に歩んできた70年の学びやの歴史を締めくくった。

 教育委員会告辞などに続き、関向校長が「創立以来、『フロンティア』のスローガンの下、多くの活動を行ってきた。小山中の伝統は新生胆沢中においても脈々と受け継がれ、常に前を目指して最善を目指す気風を醸成していくことと確信している」とあいさつした。

 全校生徒がステージに立ち、学校への感謝を込めたお別れの言葉と合唱を披露。「中学校を去るが思いはいつだって変わらない。たくさんの友情、思い出、心の古里が小山中にある。だから前に進もう。それが小山中のフロンティア精神であり、夢であるから。小山中ありがとう」と心を一つに感謝した。

 関向校長から小沢昌記市長に校旗が返納され、生徒らが校歌を斉唱。式典後は閉校記念事業実行委員会による感謝状贈呈式が催されたほか、市内で思い出を語る会が開かれた。

 同校は1947年、小山村立小山中学校として創立。9415人の卒業生を輩出した。

 同区では小山、南都田、若柳の3中学校が今年度末で閉校。4月からは胆沢中として新たなスタートを切る。