ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

尿前―平七沢通行止め解除 国道397号

(4/6)

通行止め規制が解除され、雪が残る胆沢ダム湖畔の国道397号を西に進む一般車両=奥州市胆沢区若柳の石淵トンネル東側

 冬季閉鎖していた奥州市胆沢区若柳の国道397号尿前―平七沢は5日、通行止めが解除された。一般車両が乗り入れ、春の陽光にきらめく胆沢ダム湖や雪が残る山の眺めを堪能した。

 解除区間は、秋田県境までの規制区間19・7キロのうち東側3・4キロ。県南広域振興局土木部職員、委託業者従業員らが一般車両が数台待つ中、石渕トンネル東側にあるゲートを開けた。

 栗駒国定公園焼石岳地区担当の県自然公園保護管理員を務める北上市鬼柳町の鈴木清明さん(70)は「春山コースの下見にと思ってきてみたが、一番乗りは初めて」と話し、愛車に乗り込んだ。

 同土木部によると、同区間の除雪作業は3、4日に実施。積雪1メートルほどと例年より少ないものの昨年よりは多く、道路脇から流れ出た雪解け水が路面をぬらす中、運転者らは鮮やかな緑色のダム湖や雪が山肌に残る景色を楽しんだ。

 残る平七沢―大森山(秋田県境)16・3キロは、ロータリーやバックホーなど重機4台で引き続き除雪作業に当たる。開通時期は未定。昨年は5月2日に開通したが、例年は同15日ごろで、雪崩の危険がないことを確認した上で判断する。

 一関市厳美町の国道342号と今回の規制解除区間を両市道で南北に結ぶ栗駒焼石ほっとライン15・9キロは今後除雪作業を進め、大型連休前の今月下旬の開通を見込む。