ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

壮大、水のカーテン 胆沢ダムで融雪放流

(4/14)

アクセス道路の冬期閉鎖が解除され、レースのカーテン模様を間近に眺められる胆沢ダム洪水吐きの放流

 奥州市胆沢区若柳の胆沢ダムは、雪解け水などによる放流が始まっている。13日には同ダム堤体左岸の放流設備・洪水吐き下に通じる道路が通行可能になり、レースのカーテンを幾重にも連ねたように見える放流の様子を間近で楽しめるようになった。

 一定の貯水位に達すると水が流れ出す自然調節方式で、標高345・6メートル以上で越流する仕組み。北上川ダム統合管理事務所胆沢ダム管理支所(高堰政美支所長)によると、今年は7日から流入量が増えて8日に越流した(前年は5日)。

 奥州湖交流館そばから旧穴山堰付近の洪水吐き下まで整備されたアクセス道路は昨夏から一般使用され、冬期閉鎖の規制が13日正午に解除。このため融雪による放流を間近に見ることができるのは今年が初めて。

 本格化した放流を見に来た区内の60代男性は「胆沢は水に恵まれた土地。ダム周辺のビューポイントが増えたので、多くの人に見に来てほしい」と話していた。

 自然放流は5月下旬ごろまで続く見通しで、同支所は下流河川の水位上昇に注意を呼び掛ける。