ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

基礎知識、技術習得へ 県立農業大学校 入門コース開講

(5/7)

いわて農業入門塾が開講し、ビニールハウスに天幕を被覆する受講者ら

 【金ケ崎】県立農業大学校の2017年度新規就農者研修(入門コース)「いわて農業入門塾」は6日、金ケ崎町六原の同校で開講した。定員50人を大幅に上回る84人が受講。果菜類中心の講義と実習を秋まで進め、基礎的な知識と技術の習得に励む。

 受講者約80人が出席して1人ずつ呼名後、同大学校の高橋則光校長が「20年目となる節目の入門塾。基礎技術・知識の習得と併せて農業の楽しさや魅力を感じ、最後に苦労が報われる収穫の喜びを味わってほしい」とあいさつした。

 式後は早速実習に入り、屋外のビニールハウスで天幕の被覆作業を体験。栽培科目ごとの施肥、バレイショの播種(はしゅ)作業などにも取り組んだ。

 友人を通して花巻市内の農地付き住宅を借りる釜石市の東じゅん子さん(59)は夫と2人で初めて参加。「これまでは家庭菜園の域を出なかったが、広くなるのでまずは日常的に食べる野菜を作り、いつか販売もできれば」と意欲を語った。

 入門コースは、家庭菜園を中心に趣味、または就農目的で受講。10月21日までの期間、果菜類を中心とした管理作業を体験し、栽培技術の基礎を学ぶ実習を全25回、野菜・稲作・花き・果樹などの基礎知識を隔週で学ぶ講義を全12回予定する。

 なお今年度から主に就農者を対象に設けた新規就農者研修(基礎コース)は24人が受講して既に開講し、さらに応用コースもある。