ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年5月
« 4月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
コラム 記者ワープロ

春の焼石まぶしく 国道397号 平七沢―秋田県境

(5/18)

国道397号平七沢-秋田県境間の冬季通行止めが解除され、秋田県境に向かう車両

冬季通行止め解除

 奥州市胆沢区と秋田県を結ぶ国道397号平七沢-秋田県境間(延長16・3キロ)は17日、冬季通行止めが解除された。秋田県境の規制も同時に解除され、約半年ぶりに一般車両が通行できるようになった。初夏を思わせる陽気に誘われ、シーズンを待ちわびた人たちが焼石連峰に車を走らせた。

 県南広域振興局土木部によると、積雪は例年並みだが雪解けが遅く、4月3日から始めた除雪作業は大型連休明けに終了。雪崩が発生しやすい状態のため、防護柵やカーブミラーなどの設置作業と道路の安全点検に時間を要したという。閉鎖解除は昨年より15日遅い。

 同区若柳の平七沢ゲートには開門時に車30台ほどが列をつくった。埼玉県川口市の60代男性は「横手市に住む親類を訪れるため運転してきた。たまたま開通するのを知ったので待ってみた。きょうはのんびりドライブしたい」と話し、奥州市水沢区の男性は「ドライブついでに山菜採りをしてみた。天気が良いのでこれからも訪れたい」と県境に向かった。

 秋田県境に通じる同区間は、自生するブナ林にちなんで焼石連峰ビーチラインの愛称が付けられている。除雪により路面に雪はないが、路肩や山の斜面には残雪が見られる。同土木部では焼石連峰で雪崩の発生する恐れがあるため、注意を払いながらの安全走行を呼び掛けている。