ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

目指せ 初代王者 愛媛国体デモスポアームレスリング

(5/27)

小沢市長(左から2人目)を交えて愛媛国体アームレスリング競技への意気込みを見せる(右から)金野さん、鈴木さん、高野さん

出場3選手、市長に抱負

 【奥州】国体デモンストレーションスポーツとして2017年の愛媛国体から採用されたアームレスリング競技(6月11日・愛媛県今治市)に、奥州市在住の男性3人が本県代表選手で出場する。26日には市役所に小沢昌記市長を表敬訪問し、上位入賞に向け意気込みを示した。

 出場するのは、いずれも会社員の鈴木正憲さん(34)=江刺区岩谷堂=、金野将典さん(34)=水沢区大鐘町=、高野貴仁さん(27)=江刺区田原=。

 3人は、3月19日に二戸市の二戸広域観光物産センター「なにゃーと」で開かれた愛媛国体代表選手選考会を兼ねた第22回県アームレスリング大会に出場。鈴木さんは60キロ以下級左腕部門、金野さんは80キロ以下級左腕・右腕両部門、高野さんは無差別級右腕部門でそれぞれ優勝し、国体出場権を獲得した。

 市役所で3人は選考会や普段の練習の様子、アームレスリングの魅力などを小沢市長に語った。国体に向けては、13年にポーランドで開かれた世界選手権で入賞の実績を持つ鈴木さんは「初めて国体に採用されたので優勝を目指したい」、金野さんは「がむしゃらに戦っていきたい」、高野さんは「悔いの残らないようにベストを尽くす」と力強く抱負を語った。

 小沢市長は「岩手、奥州の代表選手として体調を万全にして目標を勝ち取るようにぜひ頑張ってほしい」と期待した。

 来月11日に今治市の吉海学習交流館で開かれる同競技には、本県から盛岡市の2人を加えた5人が出場する。全部門ともトーナメント方式で行われる。