ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

名古屋も勝ち越す 夏場所終え帰郷 漣さんが市長表敬

(5/31)

小沢市長(左から2人目)を表敬訪問し夏場所の成績を報告した漣さん(同3人目)ら関係者

 奥州市水沢区出身で、大相撲・伊勢ノ海部屋の力士、漣(さざなみ)(本名佐々木陸)さん(17)=序二段=が30日、小沢昌記市長を表敬訪問した。夏場所で5勝2敗の好成績を収めた漣さんは「名古屋場所でも勝ち越したい」と話し、小沢市長は「角界で成長する姿を楽しみにしたい。番付を上げていってほしい」と活躍を期待した。

 漣さんは市相撲協会の関係者とあいさつ回りなどをし、つかの間の休日を実家で過ごすため昨年6月以来の帰郷となった。

 同協会の小野幸宣会長、千葉栄理事長と一緒に市役所を訪問。小沢市長は漣さんに「一回り大きくなった」と声を掛け、角界での活躍に対し「しこ名が付いたことで力強さが増した。市民の多くが活躍を望んでいる。けがに気を付け、相撲道に一層精進してもらいたい」と激励した。

 序二段西27枚目で夏場所に臨んだ漣さんは、5勝2敗の成績を収め、来場所は最高位の三段目への再昇進が有力視される。同郷で兄弟子の錦木関が十両優勝を果たしたことで「(付き人をしているので)目の前で優勝の瞬間を見ることができ、力をもらうことができた」と語り、来場所は「勝ち越し」を目標に掲げた。

 漣さんは水沢南中学校卒で、2015年3月に角界入り。現在は身長178センチ、体重113キロ。