ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

日本一の肉に舌鼓 前沢牛まつり ステージイベントも多彩

(6/5)

多くの来場者が前沢牛の焼き肉などを堪能した「前沢牛まつり」

 第33回前沢牛まつりは4日、奥州市前沢区字阿部舘の前沢いきいきスポーツランドで開かれた。地元が誇る肉質最高級のブランド「前沢牛」を多数の来場者が焼き肉などで堪能。子供たちによる「牛の鳴きまねコンテスト」、市内団体の演舞などのステージイベントも繰り広げられた。

 肩肉やもも肉、サーロインなど3000パック、約1・2トンの前沢牛が販売され、来場者が早速炭火で焼いて味わった。午前中は小雨交じりの天気となったが、テントやシートを持参した来場者も多く見られ、屋外での焼き肉を心行くまで堪能。天候は徐々に回復に向かい、会場には一層にぎわいの声が広がった。

 市内や盛岡市、花巻市の趣味仲間と家族で訪れた14人のグループもテントを立て、食べ頃の焼き色になった前沢牛に舌鼓を打った。花巻市の会社員照井和彦さん(37)は「普段はなかなか食べられない。ジューシーでおいしい」と笑顔を見せていた。

 区内店舗による前沢牛グルメ屋台も設けられ、ハンバーガーや串焼き、牛アスパラ巻き、コロッケなどのメニューに来場者の列ができた。東日本大震災の沿岸被災地からの出展者による海産物などの販売コーナーも人気を集めた。

 特設ステージで行われた恒例の人気イベント「牛の鳴きまねコンテスト」には、県内外から小学生以下の子供たち20人が出場。元気な牛、仲間を呼ぶ牛などそれぞれ趣向を凝らしたテーマで鳴きまねを披露し、観衆を大いに沸かせた。

 また、前沢一輪車クラブ・アルスノーバや、江刺区の郷土芸能の金津流野手崎獅子躍(おどり)、前沢区のよさこいチームの遊夢舞、2017年度前沢42歳厄年連雅龍白巳會(がりゅうはくみかい)、25歳厄年連煌燎迅(こうりょうじん)が演舞でまつりを盛り上げた。演歌歌手の市川由紀乃さんによる歌謡ショーも行われた。