ホーム 県内外 一関・両磐 胆江 北上 花巻 動画ニュース
2017年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
コラム 記者ワープロ

偉人の遺徳しのぶ 160年記念し生誕祭 後藤新平

(6/6)

後藤新平生誕160年記念生誕祭で自治三訣を斉唱する水沢小5年生

児童ら「自治三訣」唱和

 【奥州】奥州市出身の政治家・後藤新平(1857~1929年)の生誕160年記念生誕祭は4日、同市水沢区大手町の後藤伯記念公民館で開かれた。後藤が唱えた「自治三訣(さんけつ)」の唱和や記念講演などで郷土の先人の遺徳に思いをはせた。

 生誕祭は後藤の誕生日に当たる4日に合わせて開催され、主催の後藤新平顕彰会(山口了紀会長)や市関係者、一般市民、後藤が幼少期を過ごした福島県須賀川市の須賀川後藤新平の会員ら約300人が参加。

 水沢小学校の5年生85人が自治三訣の「人のお世話にならぬやう 人のお世話をするやう そしてむくいをもとめぬやう」の文言で声をそろえ、校歌を披露。女声合唱・椿の会が顕彰歌「ゆかりの巨像」を歌った。

 あいさつした顕彰会の山口会長は「後藤伯記念公民館は日本初の公民館であり記念すべき会場で式典が開催されるのは無上の喜びであり、今後も顕彰活動を続けたい」と述べた。

 同祭を記念して顕彰会2代会長の梅森健司さん、顕彰会設立に貢献した吉田英男さん、後藤伯関係資料を提供した及川信子さん、水沢区字吉小路で開催される偉人通り顕彰祭創設者の中目義壽さん、顕彰行事で歌を披露している椿の会にそれぞれ感謝状が贈られた。参加者全員で「自治三訣」を斉唱し、在りし日の先人に思いを寄せた。

 NHK盛岡放送局長の田中宏曉さんが後藤が東京放送局(NHKの前身)初代総裁を務めたことにちなんで講演したほか、講談師の田辺鶴遊さんが「若き日の後藤新平」と題して講談を披露した。