北上・西和賀

太公望 繰り出す アユ釣り解禁・和賀川【北上】

アユ釣りを楽しむ愛好者=北上市内の和賀川

 北上市内を流れる和賀川で1日、アユ漁が解禁された。市内外から釣り愛好者が訪れてさおを伸ばし、手応えを楽しんだ。

 同日朝の北上地方は、曇り空で時折雨が降った。和賀川淡水漁業協同組合によると、同市下鬼柳の和賀川ふれあいヤナ場の水量は平常で、午前8時現在の水温は19度とほぼ良好。ヤナ場周辺では釣りファンが川に入ったり川べりを移動したりしながら、今シーズン初の当たりを待った。

 奥州市水沢区の上野凱さん(74)は釣り歴約50年のベテラン。「昨年は気仙川に行った。解禁日はいつも初々しい気持ちにさせてくれる」と話し、初釣りを満喫した。

 同漁協は、5月下旬から6月上旬にかけ約1700キロ分の稚アユを放流。関係者は「形が良くて大きく成長したアユもいる」と語り、多くの太公望が訪れることを期待していた。

 アユ漁解禁とともに、同ヤナ場の食堂も営業を開始した。期間は11月5日まで。運営する同漁協は「アユの塩焼きは、1時間ほど前に予約すれば待たずに焼きたてを味わえる」と話していた。問い合わせは同ヤナ場=0197(67)2919=へ。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付
北上・西和賀
2021年10月26日付