県内外

ポケモン列車 内外装一新 JR 15日から大船渡線運行【岩手】

デザインがリニューアルされる新車両のイメージ。外観(左)とプレイルーム車両(右)(©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です)

 JR盛岡支社は、東日本大震災の復興支援を目的に大船渡線を中心に運行している列車「POKÉMON with YOU トレイン」の内外装のデザインを一新し、15日にリニューアル車両の運行を開始する。人気キャラクター・ピカチュウのデザインが多彩に施された列車が大船渡線を駆け抜ける。

 同列車は、観光面からの復興支援や地域活性化を目的に同線の一ノ関-気仙沼間で2012年12月に運行開始し、17年5月までに約4万人が利用。運行5年目を迎えることから、「親子でピカチュウと楽しむ列車」をコンセプトに車両をリニューアルすることにした。

 外観は、ピカチュウの姿をイメージした黄色中心の配色の中に多くのピカチュウが遊ぶ様子をデザイン。コミュニケーションシート車両(定員46人)とプレイルーム車両の2両編成で、プレイルーム車両には運転台や機関室をモチーフにした遊具などがあり、運転士の気分を味わったり、写真を撮ったりして親子で楽しむことができる。

 7~9月の運行は、15日から土日曜日と祝日、夏休み期間が中心。時刻は、下りが一ノ関午前11時1分発、気仙沼午後0時51分着、上りが気仙沼午後2時37分発、一ノ関同4時34分着。全席指定席で乗車券と指定席料金が必要。指定席料金は大人(中学生以上)520円、小学生260円。運行初日は一ノ関、気仙沼両駅で出発式を行う。このうち一ノ関駅では、幼稚園児のアトラクションやテープカットなどで祝う。

 関連して一ノ関駅では、ホームの案内表示板や柱などの装飾にピカチュウのデザインが施される。また、乗車記念としてプレゼントされる乗車証や缶バッジなどのデザインもリニューアルされる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付
県内外
2021年10月18日付