県内外

花東 3回戦敗退 盛岡中央に0―1 夏の高校野球岩手大会

【盛岡中央―花巻東】3回戦敗退を喫し、涙に暮れる花巻東ナイン=12日、県営球場

【県営球場】
 シード花巻東は盛岡中央に無念の零封負け。打線がつながらず、三回に本塁打で喫した1点が最後まで響いた。

 花巻南は3―2で大船渡との接戦を制した。同点の六回、7番藤原桐真(2年)が挙げた1点のリードを守り抜いた。

 盛岡大附は盛岡南に六回コールド勝ち。

◇3回戦▽第1試合
盛岡南  020 100|3
盛岡大附 140 125x|13
(六回コールド)

▽第2試合
大船渡  100 010 000|2
花巻南  200 001 00×|3

▽第3試合
盛岡中央 001 000 000|1
花巻東  000 000 000|0

水商 完封勝ち 水一は福岡工をコールド

【森山球場】

 水沢一が福岡工にコールド勝ち。五回に機動力を生かした攻撃で3点を挙げて逆転すると、六回にも5点を加えて試合を決めた。

 水沢商は中盤から着実に得点を奪い、投げては主戦遠藤那也(2年)が5安打完封した。花巻農は打線がつながりを欠き、投手陣を援護できなかった。

◇3回戦▽第1試合
水沢一  000 035 0|8
福岡工  100 000 0|1
(七回コールド)

▽第2試合
花巻農  000 000 000|0
水沢商  000 012 20×|5

学院、山田を零封 水工は16安打圧勝

【花巻球場】

 一関学院は山田にコールド勝ち。六回に小椋元太主将(3年)の2点本塁打で先制し主導権を握った。右腕木下暖貴(3年)は8回を零封した。

 西和賀は盛岡四に八回コールドで敗れた。序盤は毎回安打を放ったが走者を生かせず、中盤以降投手陣がつかまった。

 水沢工は16安打で江南義塾に五回コールド勝ち。三、四、五回にいずれも打者一巡の猛攻で5点ずつ奪い、圧倒した。

◇3回戦▽第1試合
一関学院 000 002 05|7
山 田  000 000 00|0
(八回コールド)

▽第2試合
盛岡四  011 021 07|12
西和賀  000 000 00|0
(八回コールド)

▽第3試合
水沢工  105 55|16
江南義塾 110 00|2
(五回コールド)

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年10月25日付
県内外
2021年10月25日付
県内外
2021年10月25日付
県内外
2021年10月25日付