北上・西和賀

イワナと追い掛けっこ 和賀川ざっこフェスタ 児童らつかみ取り【北上】

和賀川ざっこフェスタでイワナを捕まえる子供たち

 和賀川淡水漁業協同組合(伊藤彬代表理事組合長)が主催する「和賀川ざっこフェスタ2017」は16日、北上市下鬼柳の和賀川ふれあい広場で開かれた。参加した子供たちがイワナのつかみ取りを楽しみ、水と自然に親しんだ。

 川の魅力を知ってもらおうと毎年開催している。今年は市内の小学生以下の子供約60人が参加。広場内にある釣り堀に養殖のイワナ300匹を放し、3匹を上限につかみ取りに挑戦した。

 イワナは平均で体長23センチほどと大きいが動きが素早く、子供たちは釣り堀の中を歩き回り、ビニール袋を使ったり角に追いやったりと工夫しながら捕獲を目指していた。

 つかみ取り後は焼きたてのイワナが振る舞われた。捕まえたイワナは各自持ち帰った。初めて参加した石原大翔君(黒沢尻西小6年)は「3匹捕まえられて楽しかった」と笑顔で話していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2021年10月23日付
北上・西和賀
2021年10月23日付
北上・西和賀
2021年10月22日付
北上・西和賀
2021年10月22日付