北上・西和賀

新緑にアヤメ映え 錦秋湖畔を散策【西和賀】

見頃のアヤメを観賞しながらウオーキングする参加者

 錦秋湖あやめウオーク(西和賀ウオーキング協会主催、県ウオーキング協会共催)は16日、西和賀町川尻のJRほっとゆだ駅前を発着点に行われた。雨が降ったりやんだりする不安定な空模様の中、参加者は新緑の湖畔の風景や見頃のアヤメなどを楽しみながら歩き、爽やかな汗を流した。

 町内外から愛好者約100人が参加。開会行事では県ウオーキング協会の佐藤良介会長が「仲間と豊かな自然を楽しみながら散策してほしい」と激励した。

 駅前から川尻橋を渡って錦秋湖川尻総合公園を通り錦秋湖沿いを一周して駅前に戻る5キロと、川尻橋を渡らず湯田中学校、焼地台公園などを巡って湖畔を周回する10キロの2コース。

 参加者は湖面や周囲の緑、同総合公園内のアヤメなどを観賞しながら歩いた。5キロコースに挑戦した渡邊渉之進さん(71)=盛岡市=は「ウオーキングは運動になる。見頃のアヤメも見ることができて良かった」と笑顔を見せた。

 途中から雨が強くなったものの、参加者は雨がっぱを身に着けたり、傘を差したりして最後まで歩き切った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2017年11月22日付
北上・西和賀
2017年11月22日付
北上・西和賀
2017年11月22日付
北上・西和賀
2017年11月22日付
北上・西和賀
2017年11月22日付