県内外

県民活動 世界へ発信 ラグビーカフェやILC誘致 県がSNSスタート【岩手】

県がブログ型SNSを活用して開設した「PEOPLE OF IWATE」。特色ある活動に取り組む県民を英語で紹介している

 県は、ブログ型SNS・Tumblr(タンブラー)を活用したインターネット交流サイト「PEOPLE OF IWATE」を開設した。地域の未来につながる活動を進める県民を英文と写真で紹介し、岩手の魅力を世界に発信する。

 県国際室海外情報発信専門員で米国出身の和山アマンダさん(30)が県民性の素晴らしさに着目し、欧米の若者に人気のタンブラーを使った同サイトの開設を提案。5月から釜石市や久慈市などの沿岸被災地を訪ね、地域住民へのインタビューを始めた。

 10人余りの取材を終え、今月13日に同サイトの運用を開始。外国人ならではの視点で地域活性化や国際リニアコライダー(ILC)の誘致に向けた取り組みなど、特色ある活動に行っている県民を週1回のペースで取り上げる。

 このうち、釜石市のNPO法人「かまいしリンク」の遠藤ゆりえ代表については、2019年に釜石などで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)をPRするカフェを運営していることを紹介。「釜石がW杯の会場に決まってうれしい半面、地元に目を向けさせる準備が必要だと感じた。楽しむだけでなく、まちの再建につなげていきたい」といった思いも伝えている。

 和山さんは沿岸被災地を中心に県民への取材を継続。「この人に会ってみたい、友達になりたいと思ってもらうことが岩手への誘致につながる。多くの人に見てほしい」と話している。

 同サイトのURLは次の通り。

 http://people-of-iwate.tumblr.com

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年10月27日付
県内外
2021年10月27日付
県内外
2021年10月27日付
県内外
2021年10月27日付