花巻

誘導路を駆ける 花巻空港で親子マラソン

平行誘導路を利用したマラソンでゴールを目指して走り出す参加者

 花巻市のいわて花巻空港で30日、「みんなでラジオ体操&平行誘導路マラソン」が行われた。普段は立ち入ることができないエリアで、親子らがラジオ体操とマラソンに爽やかな汗を流した。

 県空港ターミナルビルが、空港を身近に感じてもらうためのイベントとして開催。今年で8回目を迎えた。

 同日は、同市をはじめ盛岡市や北上市などからスポーツウエア姿の親子ら214人が参加。京都府から旅行で訪れた家族も駆け付けた。

 参加者は保安検査を済ませてから、午前6時ごろ普段は入ることができない駐機場(エプロン)に入場。市スポーツ推進委員3人の指導で、ラジオ体操で体をほぐした。

 引き続き平行誘導路マラソンでは、同空港の関係車両を先頭に、子供たちらが一斉にスタート。エプロンサイドから滑走路南端までの約1・2キロのコースで、参加者は空港周辺の早朝の景観を楽しみながら思い思いにゴールを目指した。

 一番でゴールした角舘音緒さん(花巻小学校5年)は「参加は3回目で、初めて1位になった。思ったよりコースが長かったけど、楽しかった。来年も参加して1位を取りたい」と笑顔を見せていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2021年10月24日付
花巻
2021年10月24日付
花巻
2021年10月24日付
花巻
2021年10月24日付