花巻

全国高総体に初出場 花巻北アーチェリー 創部7年、活躍誓う

佐々木副市長(後列左から2人目)に全国高総体での健闘を誓う花巻北高生ら

 県立花巻北高アーチェリー部は全国高校総合体育大会に初出場する。7月28日に花巻市役所を表敬訪問し、選手たちが佐々木忍副市長に大舞台での活躍を誓った。

 同部の加藤太一主将(3年)と村上涼(同)、阿部魁徒(2年)、照井一生(同)の4選手に、同部の梅田香顧問、同校の千葉雅彦副校長が訪問。創部7年目での全国切符獲得で、加藤主将は「冬場は毎日400~500射の練習に取り組み切磋琢磨(せっさたくま)してきた。先輩方や周囲の人たちのおかげ」と話し、大会での飛躍に自信をのぞかせていた。

 全国高総体アーチェリー競技は、9~12日に宮城県利府町で実施。9日に公式練習と開会式、10日に団体と個人の予選、11日は個人決勝、最終日の12日は団体決勝が行われる。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付