北上・西和賀

にぎやかに夏を楽しむ 北上・さくら盆ジュール

さくらホールオリジナルの「はやて」を踊る来場者

 オリジナルダンス盆踊り大会「さくら盆ジュール2017」は12日、北上市文化交流センターさくらホールで開かれた。同ホールオリジナルの盆踊り「はやて」などを通し、来場者がにぎやかな夏祭りの雰囲気を楽しんだ。

 ダンスをはじめとする芸術文化の普及を目的に2013年度から開催。地域協働の観点から、同ホール運営の市文化創造と黒沢尻二区区民協議会が主催している。

 同日は雨にもかかわらず、親子連れが数多く来場。北上の名物を歌詞や動きに盛り込んだ「はやて」のほか「北上おでんせ」「さくら音頭」など地元ならではの踊りを繰り広げた。

 初めての人にも、「はやて」の振り付けを手掛けたダンスカンパニー・コンドルズのメンバーらが踊りを分かりやすく指導。北上中学校の生徒も参加し、学区内に伝わる「小鳥崎さんさ」を披露した。

 今年は初めてキッズコーナーを開設し、コンドルズ所属で書楽家の安田有吾さんによる書のパフォーマンス体験、「はやて」の吹奏楽版を編曲したブラック・ボトム・ブラス・バンドのヤッシーさんらによるリズム遊びなどで盛り上げた。地元の吹奏楽愛好者や飛勢太鼓も出演した。

 鈴木藤子さん(北上中学校出身、水沢農業高2年)は「生演奏がすごい。小鳥崎さんさを踊ったことがあるので楽しかった」と満足した様子だった。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付