県内外

Uターンラッシュ 交通機関混雑、きょうも【岩手】

Uターンの車で混雑する東北道上り線=15日午後2時ごろ、平泉前沢IC付近(画像の一部を加工しています)

 お盆を古里で過ごした人たちのUターンラッシュがピークを迎え、県南地方も15日、高速道路や新幹線などの交通機関が終日混み合った。

 奥州市前沢区にある東北道前沢サービスエリア(SA)上り線は朝から混雑し、SA入り口付近は東北、関東、関西圏のナンバーの車で長い列ができた。駐車場では警備員が誘導しスムーズな駐車に努めたほか、売店などもファストフードなどを買い求める人でにぎわった。

 秋田県横手市に帰省していた自営業の酒田宏一さん(39)=茨城県土浦市=は「5年ぶりに帰郷し、長距離運転もそれ以来なので少し疲れている。休憩を取りつつ安全運転しながら帰宅したい」と語った。

 NEXCO東日本東北支社によると、Uターンの混雑は16日も続く見通し。県南部では、平泉前沢インターチェンジ(IC)-一関IC間の平泉トンネル付近で最大10キロの渋滞発生を予想している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年12月13日付
県内外
2018年12月13日付
県内外
2018年12月13日付
県内外
2018年12月13日付
県内外
2018年12月13日付