一関・平泉

ひまわり畑 大輪見頃に 藤沢・徳田【一関】

徳田地区のひまわり畑。不順な天候に負けず大輪の花を咲かせる

 一関市藤沢町徳田地区で名物の「ひまわり畑」が満開となり、住民やドライバーを楽しませている。

 「ひまわり畑」は、遊休農地の活用と景観づくりを目的に、2009年に地区の住民有志が「ひまわりの会」を結成し、ヒマワリを育てたのが始まり。

 現在は住民団体と自治会、有志が中心となって花壇を設けており、このうち同町徳田字萱刈場の畠山茂司さん(72)は、自宅周辺の畑、休耕田など5カ所で育てている。

 例年、お盆に花が満開になるよう種をまき、手入れを行っており、今年も8月に咲き始めた自宅前に広がる11アールの畑では、直径が30センチ近い黄色い大輪が一面に咲き誇っている。

 ヒマワリには夏の太陽と青空がお似合いだが、今年は天候不順でなかなか見られず、ヒマワリを見物した住民は「育ちも花も、あまり良くないようだ。早く天気が回復して、夏らしくなってほしい」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年8月19日付
一関・平泉
2018年8月19日付
一関・平泉
2018年8月19日付
一関・平泉
2018年8月19日付
一関・平泉
2018年8月19日付