花巻

まつりへ大忙し あけぼの 例年超える軒花受注【花巻】

軒花作りが佳境を迎えているあけぼのの作業室

 9月8~10日の花巻まつりに向け、花巻市石神町の障害者就労継続支援B型事業所イーハトーブあけぼの(及川好布管理者)の軒花製作が最盛期を迎えている。品質の良さや丁寧な仕事ぶりで今年は例年以上に多くの注文が寄せられており、利用者が急ピッチで作業を進めている。

 地域の軒先や山車を飾る軒花は、まつりに欠かせない存在。同事業所では町内会や個人からの注文を受け付け毎年約5000本を製作する。

 今年もまつり本番が近づき、これまでに23の地区や団体から例年を大幅に上回る約6700本を受注。利用者は紙を折って花の形にしたり、紙ひもで花をつなげたりする作業に精を出している。

 花は3連が1本230円、5連は1本370円。100本以上の注文でそれぞれ210円、350円となる。軒花の半分の大きさの片花も1個35円で販売している。

 軒花の売り上げは利用者の貴重な収入源になっており、同事業所では、なるべく全ての注文に応える意向。及川管理者は「一本一本、心を込めて作っている。ぜひ軒先に飾っていただきたい」と話している。

 注文は月~金曜日に受け付けている。問い合わせは同所=0198(21)1812=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年8月14日付
花巻
2018年8月14日付
花巻
2018年8月14日付
花巻
2018年8月14日付
花巻
2018年8月14日付