一関・平泉

駅舎内に一時避難 ミサイル発射受け 修学旅行の中学生【一関】

北朝鮮の弾道ミサイルの日本上空通過を受け、避難した待合室から出る一関中生徒=29日午前6時20分ごろ、JR一ノ関駅

 29日朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、JRの新幹線や在来線は安全確認のために一時運転を見合わせた。

 一関市の一ノ関駅では、ミサイル発射の全国瞬時警報システム(Jアラート)が作動した午前6時すぎ、7時12分発の新函館北斗行き新幹線で北海道へ修学旅行に向かう一関中学校の3年生が集まっていたが、細川斉駅長らの誘導で駅舎の待合室に避難した。

 ミサイルが日本上空を通過したもようという政府の発表後、6時20分すぎに待合室を出て、通常通りに出発式を行った。

 福井信夫校長は「(Jアラートの後に)駅にいた3年生には屋内避難、1、2年生には自宅待機するよう連絡した。駅に集まっていた生徒も多く駅から指示がなければ困ったが、誘導通りにできたため大きな混乱はなかった」と話した。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年8月22日付
一関・平泉
2018年8月22日付
一関・平泉
2018年8月22日付
一関・平泉
2018年8月22日付
一関・平泉
2018年8月22日付