県内外

花巻市内で床下浸水 県内に大雨 人的被害確認されず

 12日の県内は、低気圧が発達しながら北日本を通過した影響で大雨となった。列車の運休や遅れが相次ぎ、複数の道路で通行止めなどの措置が取られた。大船渡市に洪水警報が発表されたことから、県は災害警戒本部を設置。県のまとめによると午後3時現在、花巻市で住家の床下浸水が6件発生した。人的被害やライフラインへの影響は確認されていない。

 盛岡地方気象台によると、24時間降水量は最大で、雫石町葛根田130ミリ、遠野市附馬牛128・5ミリを観測した。この大雨の影響で、道路関係では陸前高田市気仙町地内の国道340号など5路線で一時通行止めや片側交互通行の措置が取られた。

 JR盛岡支社によると、大船渡線で運休上下6本、遅れ上り1本、東北線で運休上下6本、遅れ上下19本、釜石線で運休上下10本、区間運休上り1本、遅れ上り1本、東北線(一関-仙台間)で遅れ上下4本となり、約1万4030人の足が乱れた。このほか、大船渡線バス高速輸送システム(BRT)で一時運転を見合わせた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2017年11月19日付
県内外
2017年11月19日付
県内外
2017年11月19日付
県内外
2017年11月19日付
県内外
2017年11月19日付