一関・平泉

目標地点へまっしぐら? アーク牧場で子豚レース【一関】

子豚とゴールを目指す「とんとんダービー」。ジョッキーも手を焼く迷走が観客を沸かせた

 一関市藤沢町黄海の館ケ森アーク牧場による第2回豚フェス・お客様感謝祭は16日、同牧場のイベント芝生広場で開幕した。呼び物の「とんとんダービー」などが繰り広げられ、家族連れでにぎわっている。17日まで。

 日ごろの感謝を込め、子豚に癒やされながらアフタヌーンティーが楽しめる「こぶーカフェ」などフェス限定のイベントを企画。館ケ森高原豚の枝肉丸焼きが振る舞われるテントには来場者の行列ができ、焼きソーセージなどと一緒に味わった。

 「とんとんダービー」は、子豚をジョッキー役の子供たちが追い立てるイベント。生後3週間の子豚と障害物を避けながらゴールを目指したが、途中で止まったり、逆走したりしてジョッキーを慌てさせていた。

 第1レースは宮城県大崎市の三浦綾太君(10)が優勝し、「前に走ってくれないので、なかなかゴールできなかった。戻らないよう体で押さえた」とにっこり。初めて参加した北上市の根澤心粋ちゃん(3)は「楽しかった」と喜んでいた。

 最終日の17日は午前10時から午後4時まで。「とんとんダービー」「こぶーカフェ」のほか、館ケ森高原豚のホルモン大鍋煮の振る舞いがある。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2017年11月20日付
一関・平泉
2017年11月20日付
一関・平泉
2017年11月20日付
一関・平泉
2017年11月20日付
一関・平泉
2017年11月20日付