花巻

南部杜氏伝承館改修へ 花巻市 24日に市民対象WS

花巻市が改修を計画している南部杜氏伝承館。24日にWSを開く

 花巻市は、同市石鳥谷町の道の駅石鳥谷敷地内にある南部杜氏(とうじ)伝承館の内部改修に向け、24日に同町中寺林の石鳥谷生涯学習会館で市民ワークショップ(WS)を開く。開館から四半世紀が過ぎ、時代やニーズに応じた内部の在り方を検討する。市は多くの参加を呼び掛けている。

 同伝承館は、酒蔵だった土蔵を譲り受け同所に移築したもの。南部杜氏の酒造りの伝統文化を保存・継承する施設として1992年にオープンした。

 現施設は一部2階建て、延べ床面積約430平方メートル。酒造りに用いられた直径約2メートルの仕込み用おけを含む酒造用具や酒だる、南部杜氏を紹介するパネル、映像、酒器などを展示し、酒造の歴史を分かりやすく伝えている。

 以前は入館者が1万人を超えたが、近年は4000人前後で推移。施設内部もオープンから25年が経過し、多くの市民の意見を踏まえて改修を進めることにした。

 当日は午後1時開会。2部構成で、パネルディスカッションでは千厩高等技術専門校の多田誠校長をコーディネーターに、南部杜氏協会の直町昊悦会長と石鳥谷観光物産の藤原美宏代表取締役、同市石鳥谷総合支所の菅原善幸支所長のパネリスト3人が、「南部杜氏の里と私たちの未来を考える」をテーマに意見を交える。2部のWSでは、「南部杜氏伝承館が目指すもの」のテーマで参加者から意見、考えを示してもらう。

 市はWSのほか、市民懇話会や石鳥谷地域協議会でも意見を求め、数年内に改修する計画だ。

 パネルディスカッションは誰でも参加可能だが、2部のWSは市民か市内に勤務する人が対象で定員30人。いずれも事前申し込みが必要。21日締め切り。問い合わせ、申し込みは同総合支所地域振興課産業係=0198(45)2111=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付