花巻

大空に夢はせて 花巻空港スカイフェスタ

子供たちが空港の魅力に触れたスカイフェスタ

 「いわて花巻空港スカイフェスタ2017」は23日、花巻市葛のいわて花巻空港で開かれた。空の日(20日)にちなむ恒例のイベントで、会場にはヘリコプターや小型飛行機をはじめ、消防や自衛隊、警察などが使用する空港関連の乗り物も大集合。多くの子供連れが各種アトラクションや体験コーナーを楽しみ、花巻空港の魅力を満喫した。

 県民に空港への理解と関心を深めてもらおうと、1994年から行われている催し。同空港旧ターミナルビルの市交流会館側エプロン(駐機場)を主会場に、ヘリコプター展示や化学消防車乗車体験、遊覧飛行などが行われた。同空港の地元・県立花巻農高鹿踊(ししおどり)部による演舞、化学消防車放水と防災ヘリコプターの救助デモンストレーションなども行われた。

 このうち防災ヘリコプターのコーナーは、ヘリをバックに記念撮影できるとあって大盛況。わが子の喜びの表情を収めようとカメラを向ける保護者も多く、コーナーには長い列ができていた。

 デモンストレーション見学や体験乗車のほか、会場には、航空機材展示や消防服の試着といった多彩なコーナーがずらり。飲食物を提供する屋台も多数出店し、会場のあちこちで子供たちの元気な声が響いていた。

 同市椚ノ目の小林幸士郎ちゃん(3)は「おばあちゃんと一緒に来た。消防自動車とヘリコプターが見たい」とわくわくした表情。航空機誘導(マーシャリング)コーナーに挑戦した奥州市水沢区の佐藤徠君(9)は「飛行機のエンジンとかが好き。マーシャリングは難しそうだと思ったけど、意外と簡単だった。自衛隊のPRブースにも行ってみたい」などと心躍らせていた。

 24日は同フェスタの関連イベントとして、事前予約者が滑走路などを見学する「バックヤードツアー」が予定されている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付
花巻
2018年10月24日付