奥州・金ケ崎

アイスアリーナ 来月8日今季開業 リンク整備着々 みどりの郷【金ケ崎】

シーズン開始に向け、ライン入れ作業などが進められているみどりの郷・アイスアリーナ

 みどりの郷・アイスアリーナ(金ケ崎町永栄上宿)は、10月8日に今季オープンする。施設内ではリンクの結氷作業が24時間体制で進められ、26日には職員らでアイスホッケー用のライン入れを行った。2018年4月1日まで営業する予定。

 開業に先立ち、10月1~7日に貸し切り利用が入っているため、今月21日に結氷作業を開始。同施設によると26日時点で氷の厚さは3センチほどで、例年より高温続きで作業に苦労しているというが、28日までには7センチ程度にし、整氷機で表面を仕上げて利用に備える。

 来月10日から12月15日までの平日は、予約貸し切りのみの受け付け。営業時間は土日・祝日と冬休み(12月16日~18年1月21日)、春休み(18年3月17日~4月1日)が午前10時~午後5時30分、このほかの平日は午後1~5時。

 オープン初日の来月8日は、先着50人に滑走招待券をプレゼントする。

 昨シーズンは約2万4000人が利用。温泉・スケート事業部の菊池辰也部長は「今シーズンは長い期間滑ることができる。温泉やホテルもあるので、親子3世代で来て、楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 問い合わせは、ホテルみどりの郷=0197(44)2131=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年6月23日付
奥州・金ケ崎
2021年6月23日付
奥州・金ケ崎
2021年6月23日付
奥州・金ケ崎
2021年6月23日付