一関・平泉

平昌五輪出場へ意欲 スノボW杯4位 岩渕さん、活躍報告【一関】

勝部市長にスノーボードW杯での成績を報告した一関学院高の岩渕さん(左)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)女子スロープスタイル(ニュージーランド・カードローナ)で4位に入った一関市東山町出身で一関学院高校1年の岩渕麗楽さん(15)が10日、市役所を訪問。勝部修市長に世界大会での活躍を報告するとともに、2018年2月に韓国で行われる平昌五輪に向けての決意を語った。

 同日は岩渕さん、佐伯幸雄校長らが市役所を訪れ、W杯の成績を勝部市長に伝えた。勝部市長は「大会での活躍を楽しみにしている。オリンピックを目指して頑張ってほしい」と期待していた。

 中学生でプロデビューした岩渕さん。W杯初出場ながら4位に入り、3月にチェコで開かれた世界ジュニア選手権では2種目で銀メダルを獲得した。全日本スキー連盟(SAJ)の強化指定選手にも選ばれ、市のトップアスリート育成強化支援事業の育成強化選手第1号にも認定されている。

 4位という結果にも「うれしいが3位以内を目指していたので、目標に届かなくて悔しい気持ちもある」と満足はしていない。現在は宮城県のスキー場に通いながら練習に励み、技の精度を高めている。

 五輪派遣基準はクリアしており、9月に宮城県で行われた日本代表の強化合宿にも参加。12月にはアメリカでのW杯を控える。来年1月ごろに五輪出場が決まる見込みで、「(平昌五輪に)出場するだけでなく、表彰台を狙いたい」とさらなる高みを見据えていた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付
一関・平泉
2018年12月9日付