北上・西和賀

舞台で学ぶ交通ルール 園児ら対象 体験型ミュージカル【北上】

ミュージカルの舞台上で横断歩道の正しい渡り方を学ぶ園児

 JAいわて花巻とJA共済連岩手が主催する親と子の交通安全ミュージカルは12日、北上市文化交流センターさくらホールで開かれた。市内の幼稚園・保育園児が体験型の舞台を通して横断歩道の正しい渡り方を学んだ。

 地域貢献のため2006年から県内各地で年1回開催しており、同市での上演は07年以来。同日は14園の園児415人をはじめ、保護者ら約500人が鑑賞した。

 上演した「魔法園児マモルワタル」は、わんぱくな魔法園児が修行のため人間の世界で交通ルールを学ぶという筋書き。交通安全教室の場面では会場の園児代表がステージに上がり、横断時には車両から姿が見えるように手を挙げること、左右の安全を確かめてから進むことなどを確認した。

 このほか劇中に危険な通行の場面を盛り込み、車道を挟んだ場所で子供を呼ばないことなど保護者にも注意を促した。

 舞台に上がったやさか幼稚園年長の井上天翔ちゃん(6)は「これからは、横断歩道を気を付けて渡れる」と話していた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付
北上・西和賀
2017年10月23日付