花巻

精進誓い夢へ一歩 花巻高看戴帽式

厳粛な雰囲気の中行われた花巻高看の戴帽式

 花巻高等看護専門学校(大島俊克校長)の2017年度戴帽式は20日、花巻市花城町の総合花巻病院講堂で行われた。厳粛な雰囲気の中、ナースキャップを載せてもらった今春入学生が、晴れて「戴帽生」に。看護師の夢へまた一歩近づいた節目の日に、生徒たちは、今後のさらなる精進を誓った。

 4月から看護の基礎学習に努めてきた1年生44人が呼名され、同院総看護師長が、一人ひとりに白いナースキャップをかぶせた。帽子を着けた生徒たちは、それぞれが手にしたろうそくの火だけが会場を照らす中、保護者らを前に理想の看護師像を示した「ナイチンゲール誓詞」を唱和した。

 大島校長は「今後試練に直面することもあると思うが、その時は、きょうの戴帽式の感激を思い起こしてほしい。きっと初心を貫くことができる。皆から信頼される、人間性豊かな看護師を目指してもらいたい」などと式辞。戴帽生を代表し、齋藤仁さんが「同じ目標を持った仲間と励まし合い、一人の人間として成長できるよう努力していく。戴帽式を迎えた喜びを忘れず精進します」と答辞を述べ、一層の努力と学生生活の充実を誓っていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付
花巻
2017年11月18日付