奥州・金ケ崎

名称は「奥州警察署」 水沢、江刺統合で条例改正案

 県警は17日、水沢署と江刺署を統合し、2018年4月1日から運用開始する警察署の名称について、「奥州警察署」とする条例改正案を県議会12月定例会に提出することを明らかにした。

 同日県庁で開かれた県議会12月定例会提出予定議案等説明会の席上、県警本部が説明した。

 条例改正では、統合後の管轄区域を奥州市と金ケ崎町とする。運用開始は住民の利便性、組織体制の移行などを考慮し、来年4月1日とすることを明らかにした。

 現在の水沢署庁舎を統合署とし、江刺署庁舎には幹部交番を設置する。統合後の署員数は130人程度を見込んでおり、盛岡東、西両署に次ぎ県内3番目となる見込み。

 江刺署管内にある7駐在所と、水沢署管内の4交番、10駐在所は統合せず存続させる方針で、統合署は幹部交番を含め5交番、17駐在所の体制となる。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年6月20日付
奥州・金ケ崎
2018年6月20日付
奥州・金ケ崎
2018年6月20日付
奥州・金ケ崎
2018年6月20日付
奥州・金ケ崎
2018年6月20日付