県内外

日本、団体で3位 W杯ジャンプ男子 2季ぶり表彰台

団体第2戦で3位となった日本チーム。左から小林潤志郎、葛西紀明、小林陵侑、竹内択=25日、フィンランド・ルカ

 【ルカ(フィンランド)時事】ノルディックスキーのW杯ジャンプ男子は25日、フィンランドのルカで団体第2戦(HS142メートル、K点120メートル)が行われ、竹内択(北野建設)、小林陵侑(盛岡中央高―土屋ホーム)、葛西紀明(土屋ホーム)、小林潤志郎(盛岡中央高―東海大―雪印メグミルク)の順で飛んだ日本が1108・2点で3位に入った。1回目の順位を維持した。日本の表彰台は2016年2月のクオピオ大会(フィンランド)で3位に入って以来、2シーズンぶり。

 1回目からトップのノルウェーが1184・2点で第1戦に続いて優勝。2位はドイツだった。

戦えている感じ 竹内択

 チーム全体として戦えている感じ。(個人としては調子が)また一段階上がった感じがする。これを続けたい。

道連れにされている 小林陵侑

 (自分のジャンプを)理解しながら飛べている。(好調な兄の潤志郎に)道連れにされて頑張っている。

不安しかなかった 葛西紀明

 足を引っ張らなくてよかった。不安で仕方がなかった。日本チームのレベルがみられた。

力み出ちゃった 小林潤志郎

 いい経験になった。今までにない緊張感があった。力みが出ちゃった。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年7月21日付
県内外
2018年7月21日付
県内外
2018年7月21日付
県内外
2018年7月21日付
県内外
2018年7月21日付