北上・西和賀

県内児童へリフト券贈る 北日本リゾート【北上】

高橋教育長(左)に目録を手渡す村松支配人

 北上市の夏油高原スキー場を運営する北日本リゾート(菅原三多英代表取締役)は27日、県内の小学生に活用してもらおうと、約6万1000人分の1日リフト券を県教委に寄贈した。市町村教委などを通じて県内の全小学校に届けられる。

 同社が毎年行っており、5年目。同スキー場の村松麻人支配人や北上市職員ら4人が県庁を訪れ、高橋嘉行県教育長に目録を手渡した。

 高橋教育長は「スキー場は子供たちにとって岩手の魅力を感じられる素晴らしい場所。リフト券の配布は大変ありがたい」と感謝した。

 同スキー場は23日にプレオープン。12月2日に本格営業を開始する。村松支配人は「スキーやスノーボードを通じて雪に親しむことで、岩手の自然を好きになってほしい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年7月17日付
北上・西和賀
2018年7月17日付
北上・西和賀
2018年7月17日付
北上・西和賀
2018年7月17日付
北上・西和賀
2018年7月17日付