奥州・金ケ崎

家族食堂協力店募る 生活困窮世帯など支援 奥州市社協

 奥州市社会福祉協議会くらし・安心応援室は、一家が共に食事をする時間を提供する「家族食堂協力店」事業への協力を呼び掛けている。家族全員で食卓を囲めない世帯のために、協力店での利用料金の一部を助成する新たな取り組み。事業実施に必要な協賛団体からの寄付も募集している。

 経済的な理由で外食をしたことがない子供、不登校や引きこもりで自宅以外で食事ができない人らのため、協賛団体や飲食店からの理解を得て、経済的支援、社会参加の機会を提供する。

 事業の流れは、協賛団体から1口3万円の寄付を募り、協力店で1食当たりの料金をクーポン券で500円助成する。差額は利用者が支払う。クーポン券は対象世帯に月1回提供される(上限1年間)。

 対象は、同室で実施する生活困窮者自立相談支援事業を利用し、支援調整会議で策定したプランの承認を得た世帯。利用の際は世帯全員同席を原則とする。

 協力店と協賛団体は随時募集している。問い合わせ、申し込みは同室=0197(47)4546、ファクス0197(47)4547=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年7月18日付
奥州・金ケ崎
2018年7月18日付
奥州・金ケ崎
2018年7月18日付
奥州・金ケ崎
2018年7月18日付
奥州・金ケ崎
2018年7月18日付