北上・西和賀

ミズキ団子 願いとともに 岩崎2区【北上】

ミズキの枝に団子を飾り付ける子供たち

 北上市和賀町の岩崎2区自治会などが主催する「ミズキ団子飾り」は15日、同市和賀町岩崎の岩崎地区集落センターで開かれた。地域の子供からお年寄りまで約50人が集まり、昔ながらの小正月行事を通じて互いに交流した。

 一堂に会した地区民が世代間交流を図り、活力ある地域づくりにつなげようと、地元の営農組合や老人クラブ、生活改善グループなど5団体による共催。今年で4年目となった。

 子供たちは、お年寄りらと一緒に白のほか赤、黄、緑などに着色した団子をミズキの枝に挿し、折り紙で作った縁起物や「レギュラーになりたい」「良い一年になるように」などと願い事を書いた短冊を飾り付けた。

 参加した小原悠理香さん(いわさき小学校3年)は「みんなで飾り付けをして楽しかった。勉強や(郷土芸能の)ひな子剣舞を頑張りたい」と抱負を語った。

 飾り付け後、子供たちは父母や住民らと一緒にあんこやくるみ、きな粉で味付けした餅を味わった。同自治会の小原敏光会長は「昔ながらの伝統行事を通じて、世代間交流を深めることができた。今年も何事もなく地域が安全で健康に過ごせる1年になれば」と願いを込めた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年6月19日付
北上・西和賀
2018年6月19日付
北上・西和賀
2018年6月19日付
北上・西和賀
2018年6月19日付
北上・西和賀
2018年6月19日付