県内外

盛岡でデビス杯 来月2日から 伊と1回戦【岩手】

 世界最高峰のテニス大会とされる男子テニス国別対抗戦「デビスカップ」(国際テニス連盟主催)は、2月2~4日に盛岡市の盛岡タカヤアリーナで行われる。世界トップクラスの選手たちの試合を間近で観戦できる。

 デビスカップの国内開催地は東京都の有明コロシアムが通例だが、東京オリンピックに向けた改修工事で使用できないことから、日本テニス協会が国体開催の実績などを踏まえて盛岡市を開催適地に選んだ。東北での開催は福島県会津若松市に次いで2カ所目。

 盛岡市で行われるのは、デビスカップ・ワールドグループ(WG)1回戦の日本対イタリア戦。開催期間中は、シングルス4試合とダブルス1試合が行われる予定。盛岡タカヤアリーナでは、仮設のハードコートを1面設置し、観客席約4000人分を設ける。

 初日の開会式では、イタリア国歌は岩手町出身で岩手高校卒業のボーカリスト柴田泰孝さん、日本国歌は盛岡市出身で不来方高校を卒業した国立音楽大学1年の竹内菜緒さんが、それぞれ独唱する。また、東日本大震災の被災地支援の一環として、岩手、宮城、福島の被災3県在住者を、3日間で計240人、無料で招待する予定。

 期間中、会場に一般は駐車できないため、市は盛岡駅西口から会場までのシャトルバスなど公共交通機関の利用を呼び掛けている。チケットはコンビニエンスストアなどで購入できる。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月13日付
県内外
2018年11月13日付
県内外
2018年11月13日付
県内外
2018年11月13日付
県内外
2018年11月13日付