北上・西和賀

風情豊か 古民家に彩り 31日まで藩境のひなまつり【北上】

みちのく民俗村の古民家に飾られているひな飾り

 北上市立花のみちのく民俗村で、第2回藩境のひなまつりが開かれている。古民家の色鮮やかなひな飾りが、独特の風情を醸し出している。31日まで。

 先人の暮らしや季節のうつろいを感じてもらおうと、同村の指定管理者である株式会社展勝地と市が2017年に続き企画。市民から寄贈されたひな飾りを、同村の古民家など9カ所に設置した。

 豪華な七、八段飾りや昭和初期のひな飾り、つるしびなが古民家を彩っている。盛岡市から来場した吉川徹哉さん(36)・汐紀さん(22)夫妻は「一つ一つの人形に表情がある。ひな飾りをなかなか見る機会はないが、昔ながらの古民家で見るのもいい」とじっくりと見入っていた。

 主催者の展勝地は「皆さんから思いが込められた人形を贈っていただいた。古民家で昔のひなまつりの雰囲気を味わってほしい」と来場を呼び掛けている。

 期間中は午前10時~午後4時に公開。毎週月曜日と22日休み。入場無料。問い合わせは同村=0197(72)5067=まで。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月21日付
北上・西和賀
2018年11月20日付