奥州・金ケ崎

25日 羽田町火防祭 はやし屋台や鋳物太鼓【奥州】

羽田町火防祭のポスター

 奥州市内春祭りのトップを飾る羽田町火防祭(実行委主催)は25日、同市水沢区羽田町本町通りを歩行者天国にして開かれる。鋳物で装飾したはやし屋台の運行や鋳物太鼓、厄年連の演舞、羽田ふるさと音頭などを繰り広げ、“鋳物のまち”ににぎわいを呼び込む。

 祭りは、昭和初期に羽田町で発生した大火を機に始まった。防火を祈願するとともに、地域活性化を図ろうと地元の厄年連が中心となって開催している。

 当日は午前9時にスタート。開会セレモニーに続き、25歳厄年連による樽(たる)みこしや羽田幼稚園児の防火パレード、羽田小学校スクールバンドの演奏が行われる。33歳厄年連の先導で名物の鋳物屋台がお目見えし、「羽田町剣ばやし」を奏でながら巡行。鋳物太鼓の演奏や菓子・餅まきも行われる。

 午後からは市消防団がまとい振りを披露し、再度鋳物屋台が通りを練り歩く。羽田ふるさと音頭では地域住民が手踊りを繰り広げるほか、厄年連の創作演舞、「歌舞候○組(わぐみ)」のショー、55歳年祝連の餅まきでフィナーレを迎える。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年11月19日付
奥州・金ケ崎
2018年11月19日付
奥州・金ケ崎
2018年11月19日付
奥州・金ケ崎
2018年11月19日付
奥州・金ケ崎
2018年11月19日付