県内外

あすから先行販売 ラグビーW杯 県民向けチケット 釜石会場2試合抽選で【岩手】

 2019年に釜石市などで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の県民向け観戦チケット先行抽選販売が、19日にスタートする。同市の釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)で行われる2試合が対象で、一般抽選販売より約半年早い申し込みが可能となる。釜石開催実行委では県内4カ所で販促イベントを開催するなどし、多くの応募を呼び掛ける。

 県民向け先行販売は、ラグビーW杯2019組織委員会による開催都市住民向け先行抽選販売の一環。釜石会場では、来年9月25日にフィジー対ウルグアイ、同10月13日にアフリカ地区代表対敗者復活予選優勝チームの試合がそれぞれ行われる。チケットの価格は、カテゴリーAが1万円、同Bが7000円、同Cが4000円(16歳未満2000円)、同Dが2019円(同1000円)。公式サイトで4月12日まで申し込みを受け付ける。抽選結果は、来月26日に発表される。

 先行抽選販売に合わせ、同実行委は奥州市のイオン前沢店など県内4カ所でチケット販促イベントを開催する。公式サイトのID登録やチケットの購入申込手続きをサポートするほか、代表ジャージ試着やキックゲームなどの子供向け企画を予定。ID登録、チケット購入申し込みを行った人を対象に、数量限定でオリジナルマグカップをプレゼントする。

 県ラグビーW杯2019推進課の浜守豊司主査は「人気のチケットを早く入手できる地元民だけのチャンスなので、ぜひ申し込んでほしい」と呼び掛けている。イベント日程は次の通り。

 ▽18日=イオンタウン釜石(釜石市、午前11時~午後4時)▽19日=イオン前沢店(奥州市、同)▽20日=ショッピングセンターニコア(二戸市、同)▽24、25日=アピオ(滝沢市、両日とも午前10時~午後4時)

通路にバナー W杯をPR 実行委 JR盛岡駅で
▲JR盛岡駅のさんさこみちに設置されているラグビーW杯のバナー

 ラグビーW杯2019釜石開催実行委員会は、JR盛岡駅の東西自由通路(さんさこみち)を、ラグビーW杯日本大会の公式ロゴマークなどをあしらったバナーで装飾した。駅の利用者や観光客に、来秋に迫った釜石市での試合をPRする。

 19日に始まる県民向け観戦チケットの先行抽選販売の関連事業として企画。バナーのサイズは縦75センチ、横25センチで、赤、青、黄、紫の4種類を20枚ほど作製した。

 15日にさんさこみちの通路両側に設置。ラグビーボールを模したロゴマークや金色のトロフィーがプリントされており、延長約150メートルの通路を華やかに彩っている。

 設置期間は4月下旬まで。

 県ラグビーW杯2019推進課は「世界的な大会が岩手で開催されることを多くの人に知ってほしい」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月21日付
県内外
2018年11月21日付
県内外
2018年11月21日付
県内外
2018年11月21日付
県内外
2018年11月21日付