花巻

事故防止を啓発 春の交通安全運動スタート【花巻】

JR花巻駅前で行われた街頭啓発活動

 春の全国交通安全運動(15日まで)が6日、一斉にスタートし、県南地方でも交通安全関係機関・団体などが市民に事故のない地域づくりを呼び掛けた。

 JR花巻駅では、西口と東口に分かれ、春の地域安全運動と合わせた街頭啓発活動(市交通安全対策協議会、市防犯協会主催)が行われた。

 同市の交通安全協会や交通安全母の会、交通指導隊、防犯協会、花巻署などから約70人が参加。通勤、通学する駅利用者に対し、防犯や事故防止をPRするチラシ、反射材、ポケットティッシュなどのセットを配った。

 活動に先立ち、主催団体の会長を務める上田東一市長が「高齢者や子供たち、自転車利用者が交通事故に遭わないように啓発が求められる。市民の安全意識を高めることが重要」とあいさつ。藤井清人花巻署長は「交通事故防止やオレオレ詐欺について広報し、安全、安心な花巻をつくっていくのに協力いただきたい」と語った。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年9月23日付
花巻
2018年9月23日付
花巻
2018年9月23日付
花巻
2018年9月23日付
花巻
2018年9月23日付