県内外

道交法違反で104件摘発 県警 通学路一斉取り締まり【岩手】

 県警は、春の全国交通安全運動に伴い13日に全国一斉で行われた通学路での交通指導取り締まりの県内結果をまとめた。道交法違反容疑などで104件が摘発された。

 取り締まりは、県下16署と交通機動隊から警察官243人が出動し、国道、県道、市町村道の計62カ所で午前7時から9時ごろまで実施した。宮古市西町の山口小学校付近では、県内初導入の可搬式自動速度取締装置による速度取り締まりを行った。

 摘発の内訳は、横断歩行者妨害25件、最高速度違反15件、信号無視13件、通行禁止13件、一時不停止13件、携帯電話使用等11件、シートベルトの非着用9件、踏切不停止4件、チャイルドシートの非設置1件。逮捕事案や特異事案はなかった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年11月14日付
県内外
2018年11月14日付
県内外
2018年11月14日付
県内外
2018年11月14日付
県内外
2018年11月14日付