花巻

今夏、日本代表が合宿 田瀬湖ボート場 艇庫改修し機能向上【花巻】

合宿所の機能強化のため改修された艇庫(2階研修室)

 花巻市東和町の田瀬湖ボートコースで、6月と8月にボート日本代表選手の合宿が行われる。欧州でのワールドカップ(W杯)や世界選手権に出場する選手の強化が目的。同コースは2020年東京五輪の日本代表選手の事前合宿地に既に決まっており、同市では改修した宿泊・休憩施設を兼ねた艇庫を活用してもらうなど合宿の受け入れに万全を期す。

 日本ボート協会が同コースでの強化合宿を決定。現在予定している日程は、6月14~29日と、8月1~12日の延べ28日間。

 6月の合宿では、7月13日からスイス・ルツェルンで開かれるW杯に出場するシニア選手、同25日からポーランド・ポズナンでの23歳以下世界選手権に出場する選手が参加予定。8月は、19日からインドネシア・パレンバンでのアジア選手権、9月9日からブルガリア・プロブディフでの世界選手権にそれぞれ出場するシニア選手が滞在する。監督やコーチらスタッフも参加する。

 同コースは東京五輪日本代表チームの事前合宿地に決まっている。17年8月にはアジア選手権に出場する選手の強化合宿が行われるなど実績を積んでおり、市では「横波が起こりにくいなど良好な気象条件と過ごしやすい自然環境に恵まれたコースが認められた」と評価する。

 17年度には市が田瀬湖ボート場環境整備事業として艇庫の改修工事を実施。艇庫(2階建て、延べ床面積1399平方メートル)で1階は艇格納庫になっており、改修は2階(床面積653平方メートル)をメインに行った。

 和式トイレを洋式トイレに替えたほか▽重油からガス給湯への切り替えを行い、シャワー室への浴室整備▽調理室に専用調理器具を配置▽研修室の畳の取り換えとエアコンの整備▽誘導灯や防火間仕切りを設置▽ボイラー室を洗濯室に改める▽-など合宿所としての機能向上を図った。事業費7396万円で、国の地方創生拠点整備交付金(補助率2分の1)を活用した。市では「日本一のボート競技場との評価を受けており、日本代表チームの合宿受け入れに万全を期したい」としている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年9月21日付
花巻
2018年9月21日付
花巻
2018年9月21日付
花巻
2018年9月21日付
花巻
2018年9月21日付