県内外

釜石SWとヤマハが記念試合 19年ラグビーW杯会場 復興スタジアム竣工式典で

釜石鵜住居復興スタジアムオープニングイベント発表記者会見で記念撮影する日本ラグビーフットボール協会の森喜朗名誉会長(中央左)ら=15日午後、東京都千代田区

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の会場として新設され、8月19日にオープンする釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムの竣工(しゅんこう)イベントの概要が15日、東京都内で発表された。記念試合として、地元の釜石シーウェイブス(SW)とトップリーグのヤマハ発動機が対戦する。

 同スタジアムは東日本大震災で甚大な被害を受けた釜石市鵜住居地区に建設されている。釜石SWのWTB小野航大は「東北からラグビーを盛り上げたい」と意気込みを示した。

 ヤマハは震災から約3カ月後の11年6月、釜石に遠征して親善試合を行った。FB五郎丸歩は「あの状況で1500人も応援してくれて、逆に勇気をもらった。成長した姿を見せて恩返しをしたい」と話した。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年9月19日付
県内外
2018年9月19日付
県内外
2018年9月19日付
県内外
2018年9月19日付
県内外
2018年9月19日付