県内外

富士大が優勝 北東北大学春季リーグ

【富士大―八戸学院大】優勝を決め、喜びを爆発させる富士大ナイン=26日、八幡平球場

 北東北大学野球の春季1部リーグは26日、八幡平市の八幡平球場で優勝決定戦が行われ、富士大は八戸学院大(青森)に8―1で八回コールド勝ちし、リーグタイ記録となる春秋9季連続32度目の優勝を飾った。富士大は北東北連盟代表として第67回全日本大学野球選手権大会に出場する。

【8面に関連】

 富士大は一回、4番佐藤龍世(4年)の適時二塁打を皮切りに5点を先制。先発の右腕村上英(4年)は走者を出しながらも要所を締め、6安打1失点で完投した。

 全日本大学選手権大会は6月11日から神宮球場などで開催され、富士大は初日に中京大(愛知大学野球連盟代表)と対戦する。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年8月20日付
県内外
2018年8月20日付
県内外
2018年8月20日付
県内外
2018年8月20日付
県内外
2018年8月20日付