北上・西和賀

リズムに乗って軽快に チャレンジエアロビック【北上】

リズムに乗って軽やかに体を動かす参加者

 チャレンジエアロビックまつりin北上(北上市体育協会主催)は3日、同市相去町の北上総合体育館で開かれた。愛好者によるチーム発表や大会の予選、一般も参加できるレッスンが行われ、老若男女が心地よい汗を流した。

 2003年から毎年開催し、16回目の今回は市内外から約200人が参加。フィットネスインストラクターの久保田温郎さんを講師に招いた。

 チーム発表にはキッズ、一般の両部門に12団体が出場。キッズの部ではかわいらしい演技を見せたり、躍動感あふれる動きで会場に元気を振り巻いたりしていた。

 一般の部にも、幅広い世代が出演した。北上総合体育館を拠点に練習する「Luckys」は30~70代の8人で息の合った演技を披露。戸巻和子さん(45)は「年齢や職場も違う仲間たちと楽しく踊れた。エアロビはストレス発散になり、元気になる」と、気持ち良さそうに汗をぬぐった。

 久保田さんが選ぶインストラクター賞には、キッズの部は盛岡、滝沢両市の小中学生で構成するレボリューション、一般の部は大槌ふれ愛エアロノリノリ隊が選ばれた。レボリューションの南野愛留さん(滝沢南中1年)は「みんなでよく踊れた」と喜んでいた。

 同まつりは東北フライトエアロビック選手権大会(10月、山形県)県代表選手選考会を兼ね、出場を目指す参加者は懸命に演技に臨んだ。続くレッスンでは、一般参加者と愛好者がエアロビのエクササイズに挑戦。久保田さんの動きや音楽のリズムに乗って軽快に体を動かし、さわやかな汗を流した。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付
北上・西和賀
2018年10月19日付