花巻

懐かしの味“復活” おばてい食堂 営業を再開【花巻】

営業を再開した「おばてい食堂」

 花巻市街地の大衆食堂として親しまれ、惜しまれつつ2013年に閉店した同市鍛治町の「おばてい食堂」が4日、営業を再開した。1956年に創業し、高度経済成長に沸く市民の胃袋を支えた歴史ある店で、初日から“復活”を喜ぶ客が足を運び、久々の味に舌鼓を打った。

 同店は、初代店主の小原健治さんが「小原貞(おばてい)食堂」として開店。焼きそばやラーメン、丼物など身近なメニューで人気を集めた。市中心部の道路沿いという好立地もあって繁盛したが、事情があり、5年前に店を閉めた。

 再開した店を切り盛りするのは、小原さんの娘の聡さん(51)と智さん(55)姉妹。「かつてのお客さんから『まだ開けないの』などと声を掛けてもらうとうれしく、再開することに決めた。安心できる物を提供し、みんながほっとできるような店にしていきたい」と意気込む。

 メニューは、伝統を踏襲した親しみやすいラインアップ。しょうゆ味の焼きそば(730円)や和風だしを利かせたカレーラーメン(780円)など、ファンおなじみの品が並ぶ。グループ来店用の電話予約も受け付ける。

 日曜と第3火曜定休。午前11時開店、ラストオーダー午後7時。問い合わせは同店=0198(23)4013=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2018年6月25日付
花巻
2018年6月25日付
花巻
2018年6月25日付
花巻
2018年6月25日付
花巻
2018年6月25日付