県内外

一関・水沢発着 沿岸被災地を歩く 夏休み親子見学会

 岩手日日新聞社は、東日本大震災からの復興を遂げた三陸鉄道(南リアス線)や新たなまちづくりに前進する釜石市鵜住居地区(岩手コース)、シーパルピア女川と冷凍工場(宮城コース)をバスで巡る「沿岸被災地を歩く 夏休み親子見学会」を開催します。

実施日/7月28日(土)

参加対象・定員/各コース、小学校3年生以上の児童、中学生とその保護者20組。各コース最少催行人員は6組(12人)

見学コース
①岩手コース
 アバッセたかた(車窓)―三陸鉄道南リアス線(震災学習列車乗車)―釜石鵜住居復興スタジアム(建設中)―道の駅遠野風の丘

②宮城コース
 シーパルピア女川―マスカー水産加工品冷凍冷蔵庫―東北電力女川原子力PRセンター女川原発―蒲鉾本舗髙政(かまぼこ試食と工場自由見学)

利用バス/岩手急行バス(ガイド添乗あり)

参加費/親・子供各1人1000円(昼食代含む。支払い方法は後日連絡)

申し込み/はがきかファクス、メールで、参加者の住所、氏名、生年月日、電話番号、学校名学年、参加希望コースを明記の上、〒021―0864 一関市旭町1の15 岩急トラベル 「夏休み親子見学会」係へ。ファクス0191(26)4195、メールiwatekyuukou@drive.ocn.np.jp

締め切り/7月4日(必着)

主催/岩手日日新聞社マルチメディア営業局

問い合わせ/岩急トラベル 0191(23)2538

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年6月18日付
県内外
2018年6月18日付
県内外
2018年6月18日付
県内外
2018年6月18日付
県内外
2018年6月18日付