奥州・金ケ崎

胆沢劇場、原作募る ゆかりの民話や伝説題材 スタッフとキャストも【奥州】

 奥州胆沢劇場実行委員会は、第35回奥州胆沢劇場の原作とスタッフ・キャストらを募集している。奥州市在住か出身、通勤・通学する人が対象。実行委では、長く親しまれている創作文化活動への積極的な参加を呼び掛けている。

 原作の題材は、胆沢にゆかりのある民話や伝説、胆沢に関するもの。400字詰め原稿用紙10枚以上で、要旨(原稿用紙1枚程度)を添える。応募点数に制限はないが、未発表のものに限る。作品には題名(素材があればその題名も)、作者の住所、氏名(ペンネーム)、年齢(学年)、職業(学校名)、電話番号を記入。グループでの応募の場合は、グループ名と代表者の住所、氏名、電話番号を記入する。

 締め切りは7月31日。応募作品は返却しない。審査の上、原作として1点を採用。入選者に通知し、公演時のフィナーレやパンフレットなどで発表するほか、劇場の旗揚げの際に副賞を贈る。著作権は実行委に帰属し、必要に応じて脚色する。入選作品以外でも、今後の同劇場の原作に採用する場合がある。

 実行委ではスタッフ(大道具・小道具・照明・美術など)とキャスト(一般・子役・エキストラ)、サポーター(チケット販売、運営・制作アシスタントなど)としての参加者も広く募っている。同劇場の趣旨に賛同する希望者は、申込書に必要事項を記入し応募。18歳未満の人は保護者の記名押印が必要になる。締め切りは10月31日。

 同劇場は2019年2月24日、同市胆沢南都田の胆沢文化創造センターで、午前と午後の2回公演を予定。各種問い合わせ、応募は同センター内の実行委事務局=0197(46)2133=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2018年9月26日付
奥州・金ケ崎
2018年9月26日付
奥州・金ケ崎
2018年9月26日付
奥州・金ケ崎
2018年9月26日付
奥州・金ケ崎
2018年9月26日付