県内外

金色の風+銀河のしずく 中元ギフト3種発売 純情米いわて、きょう出荷

純情米いわてが発売する「金色の風」「銀河のしずく」を詰め合わせた中元向けギフトの新商品

 県内最大手のコメの卸売業者・純情米いわて(菊池勝代表取締役社長)は11日、県オリジナル水稲品種「金色(こんじき)の風」「銀河のしずく」を詰め合わせにした中元向けギフトの新商品を発表した。450グラム入りの箱を計10個詰め合わせたセットなど3種類で、菊池社長らが上田幹也県農林水産部長らに披露した。新商品は12日に出荷し、週内にも県内スーパーマーケットなどで販売を始める。

 新商品は▽金色の風と銀河のしずくの各450グラム入りの小箱を5個ずつセットにしたギフト(税別4500円)▽450グラム入りの小箱の各3個セットのギフト(同3200円)▽金色の風と銀河のしずくの各2キロ入りの2袋をセットにしたギフト(同3500円)の3種類。昨年の歳暮向けに続き中元用として発売する商品を含め5300セットの販売を目標にする。

 同日は菊池社長とJA全農いわての高橋一樹米穀部次長が県庁を訪問し、上田部長と小岩一幸農政担当技監にギフトの新商品を披露。菊池社長は「金色の風は生産量が限定的だったため1月半ばで販売を休止したが、お中元の時期に合わせてラインアップを増やし、平成30年産につなげるギフトとして準備した」と説明。上田部長は「パッケージも含めて魅力的な素晴らしい商品ができたと思う。消費者や贈答品として使う方々にアピールし、今後2品種や県産米全体の評価を上げていきたい」と述べた。

 純情米いわてによると、中元向けの新商品は県オリジナル水稲品種の金色の風と銀河のしずくに特化した商品として取りそろえた。オリジナル品種を贈答品として使ってもらい、全国に向けたPRにつなげることが狙いで、県内で販売する。

 菊池社長は「ギフトとして使っていただければ全国で金色の風や銀河のしずくをお試しいただけることになると思う。全国的な評価を頂くきっかけづくりになればいい」と新商品に期待していた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付
県内外
2018年6月25日付